大谷翔平をヤンキースが獲得しようとしてるのは本当なの?

今回は、メジャーリーグで最も人気のある球団ニューヨーク・ヤンキース大谷翔平獲得を狙っているのは本当なのかという記事を書いています。

大谷翔平は、2107年オフに争奪戦の末、ロサンゼルス・エンゼルスへの入団が決定しました。その後は着々と実績を積み上げてきました。

 

今シーズン(2021年)は、二刀流として大活躍中です。中でも、ホームランランキングでリーグトップでこのままのペースならホームラン王は十分狙える位置につけています。

ヤンキース戦で活躍

2021年6月29日のヤンキース戦で、大谷翔平は2本のホームランを放ち、この連戦で計3本のホームランを放つ活躍を見せました。

この活躍に対してニューヨーク紙は「大谷がヤンキースと契約していたら間違いなくヤンキースの未来は明るかった」と大谷翔平を逃したフロント陣を痛烈批判しました。

 

2017年のオフの大谷獲得争奪戦に、ヤンキースも加わっており最終候補にも残っていたと報道されていました。

結果、大谷翔平を逃したことでヤンキースはマリーンズからスタントンを獲得、10倍以上のコストをかけて獲得したものの怪我にも悩まされ低調なパフォーマンスが続いています。

 

そもそも大谷翔平も環境や教育方針で、エンゼルスを選んだためいくら条件をよくしたとしても当時の大谷翔平がお金のためにヤンキースを選んだ可能性は低いと言えるでしょう。

大谷翔平は、現在メジャーで4年目のシーズンを過ごしており再来年にはFA権も取得します。ヤンキースはその時にもう一度大谷獲得を試みるのではないかと言われています。

 

ヤンキースは過去には松井秀喜、黒田博樹、イチロー、田中将大などの日本人選手がプレーしており日本人にとっては馴染みのある球団と言えるでしょう。

ヤンキースはメジャーの中でも屈指の人気球団で歴史、実力ともに申し分ないチームです。日本で言うなら巨人のようなチームと言えるでしょう。

マドンは大谷の布石?

ヤンキースは、現在エンゼルスの監督を務めているジョー・マドンの引き抜きを狙っているようです。マドンとエンゼルスは3年契約を結んでおり来季が最終年となります。

マドンは、デビルレイズを強豪へと変貌させたり、シカゴ・カブスでは71年ぶりのリーグ優勝に導くなど監督としての手腕は確かなものがあります。

 

そして、マドンを迎え入れることができれば大谷翔平獲得に一歩前進と言えるでしょう。

大谷翔平が希望している二刀流を実際に認め起用してくれている監督がヤンキースの監督として、大谷翔平を迎え入れたいと言えば大谷の心が動く可能性もあります。

 

そういう観点からも、マドンを迎え入れることが大谷翔平獲得の近道だと考える声も多く上がっているそうです。

いずれにせよ近い将来に、大谷翔平がメジャーの各球団から狙われる日が来ることでしょう。

大谷翔平の気持ちは?

一方、大谷翔平は仮にヤンキースからオファーがあったとしても移籍に前向きでしょうか。エンゼルスに入団した経緯では、二刀流を認めてくれるところ。

余計な重圧がない野球に集中できる環境を求めてのことでした。アメリカの中心ニューヨークを本拠地のヤンキースはメディアやファンも熱狂的であることが有名です。

 

スター選手が多く在籍するヤンキースで、自分だけが二刀流のため登板間隔を開けてもらうといった特例を認めると周りの反感を買う恐れもあるでしょう。

メディアなどの外圧との戦いもある伝統球団への移籍を大谷翔平は望まない可能性は高いです。

 

とはいえ、今シーズンの活躍で大谷翔平の名は全米の野球ファンに知れ渡ることになりました。しかし、それはあくまでも野球ファンの間での人気です。

アメリカ国民全員が知るような存在になるためには、ヤンキースのような人気球団に行くことが近道です。

 

再来年にFA権を取得した際には、前回の2017年オフの大谷争奪戦とは比べ物にならないほどの球団がビッグマネーも持って大谷翔平との交渉に望むことになるでしょう。

その中には、ヤンキースなどの名門球団も含まれるでしょう。大谷翔平が今までのように環境を選ぶか。それとも、人気球団の中で活躍することを目指すのか。

 

個人的には、大谷翔平には野球ファン以外の人たちにも名前が知れわたる存在になって欲しいです。アメリカで大谷翔平という名前を野球を知らない人もみんなが知っている存在になってほしい。

そうなることで、日本の野球をやっている子どもたちに夢を与えてくれると思うからです。

 

そのためには、ピンストライプのユニフォームを着て、二刀流をやってのけてほしい。そんなことをどうしても夢見てしまいます。

メジャートップクラスの主砲に上り詰めた大谷翔平が、2023年のFA権を獲得した後にどこの球団に行くのか。今後もその動向に目が離せません。

 

あくまでも個人的な意見としては、大谷翔平がピンストライプを着てヤンキースの一員として投打の活躍をしてほしいなと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です