大谷翔平のオリジナル切手フレームがバカ売れしてるの?

プロ野球選手には様々なグッズがあります。選手のレプリカユニフォームをはじめとして、選手の名前が刻印されたタオルやリストバンドなど様々なものがあります。

選手によっては球場でその選手がプロデュースしたお弁当が販売されていることもあります。

 

大谷翔平グッズも様々なものが販売されているのですが、2015年夏に新たな大谷翔平グッズが誕生しました。

それはプロ野球選手としては非常に珍しいグッズです。なんと、現在メジャーリーグで活躍する田中将大以来となる、オリジナルフレームの切手セットが発売されたのです。

 

プロ野球選手の切手フレームは頻繁に販売されている訳ではないのですが、なんと日本ハムファイターズの選手の切手セットが発売されるのは初めてのことだそうです。

バカ売れする大谷翔平の切手

その切手セットは大谷翔平がプロ入りからの雄姿を切り取った姿が採用されており、商品には大谷翔平のサインも入っている代物になっています。

切手に使用されている写真も大谷翔平が日本ハムファイターズに入団することを表明し、背番号11のユニフォームに初めて袖を通した姿があります。

 

また、打者と投手の両方で活躍する姿が一コマ一コマ選び抜かれた写真が採用されています。

そして、その大谷翔平の切手セットが販売開始を発表して以降、大谷翔平の切手セットを入手したいファンが非常に多く、予約が殺到したのです。

 

北海道内の郵便局限定での販売で、発売を発表した当初は販売部数は1万3,000セットを予定していたそうなのですが、予約の段階で1万3,000セット分以上の予約注文が入るほどの人気ぶりです。

そのため、当初は予定されていた窓口での販売を中止せざるおえなくなってしまったほどです。まさに大谷翔平のオリジナル切手フレームはバカ売れする形となりました。

価格が高騰

また、発売当初は大谷翔平の切手フレームは税込みで2,000円という価格設定で発売されたのですが、限定販売であったため価格も非常に高騰しています。

現在はネットの通販等で購入するしかない状況なのですが、定価で購入することはほぼ不可能な状況で、まさにプレミアがついたグッズの一つとなっています。

 

全国のファンが購入を熱望したグッズなので価値が高まるのも納得です。

大谷翔平自身も大活躍をしているため、その大活躍をしている選手の限定グッズということで、プレミア感が日に日に高まっていく形となっています。

 

大谷翔平のグッズが発売されると、これだけの大人気を集めるようです。

大谷翔平本人は自分自身の姿が切手に描かれたのを見て照れていたそうですが、大谷翔平の人気は留まるところを知らないというのが非常によくわかります。

 

現在も大谷翔平の動向に非常に注目が集まっており、日本プロ野球界最速の163km/hを計測した時にも記念グッズが発売されました。

記念のTシャツと投球時の写真を採用したオリジナルフレームが販売されることが発表されました。

 

こちらも大きな注目を集めました。オリジナル切手フレームが発売され、現在はプレミアが付くほどのグッズになっています。今後もさらに価値は高まっていくことだと思います。

大谷翔平はいずれメジャーリーグへの挑戦を表明する日が来ると思いますが、その時まで日本中のファンの期待に応え続け、大谷翔平のグッズは高い人気を持ち続けると予想されます。

 

今後も様々なグッズが発売されると思います。もしかすると2016年中にでも最速記録を更新してしまい、新しい記念グッズが発売されるかも知れません。

価値が高まるのはすごいことですが、数々のプレーで日本中に衝撃を与えてファンの心に多くの想い出を残し続けています。

 

大谷翔平のグッズはバカ売れしていますが、どれもファンの想い出に残るように活躍する姿に今後も注目です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です