大谷翔平に対して張本は未だに二刀流を反対してるの?

今回は、エンゼルスの大谷翔平の二刀流に対して「喝!」でおなじみの張本勲さんが現在、どのように思っているのかということをお伝えしていきます。

打撃の良い投手はこれまでたくさん存在しました。しかし、プロに入ると必ずどちらかを選択してきました。エースで4番は、高校生までだったのです。

 

その枠を飛び越えて打撃も超一流であり、二刀流というプレースタイルを世界中に認知させたのが大谷翔平です。

もちろん二刀流に挑戦した当初は二刀流賛成派は少数派でした。野手に専念するべきだという意見や、投手に専念するべきだという意見が溢れかえっていました。

 

しかし大谷翔平は周囲がなんと言おうと二刀流を継続しています。

さらにその中で結果を残し続けており、今やどちらかに専念するべきだという意見よりも二刀流でどこまでやれるのか見てみたいという意見の方が多くなっている程です。

 

どちらかに専念させることが反対に大谷翔平の才能に蓋をしかねないと思われているのです。

当初は二刀流に反対し、専念派だった評論家は非常に多かったですが、意見を覆して大谷翔平の二刀流を認める評論家が多くなってきています。

張本勲は未だに二刀流反対?

しかし、あの方はどうでしょうか?「喝!」でお馴染みの張本勲さんです。張本勲さんは二刀流に反対する理由が「どちらも中途半端になってしまう」という理由で反対をしています。

大谷翔平という才能を認めつつも、どちらかに専念したほうがより良くなれるという意見でした。現在の大谷翔平は投手としても打者としても超一流の存在になっています。

 

最早どちらかに専念した時の成績は想像が付かないと言われる程の超一流の活躍を見せています。そんな今でも張本さんは大谷翔平の二刀流については反対しているのでしょうか?

実は、賛成と言う訳ではありませんが二刀流を容認する発言をしています。「本人がやりたいというなら仕方ない」と二刀流に対して発言をしていました。

 

本心ではどちらかに専念する姿を見たいのだとは思いますが、もはや結果も残し続けている以上何も言えないほどの領域にまで差し掛かっているということでしょうか?

張本さんはどちらかと言えば野手に専念して欲しいと考えていると思います。メジャーリーグでのあの活躍を見れば当然と言えば当然です。

 

今でも専門家の間では投手に専念するべきという人もいます。しかし、張本さんは日本でまだ大谷翔平が投手の活躍の目立ってた頃から、打撃に専念させるべきと考えてた一人です。

そのころから、投手としての活躍よりもホームランに対して賛辞を贈る場面が非常に多かったのです。

 

具体的に打撃フォームのどういった部分が良いのかにも言及した上で、大谷翔平の打撃を語ることも多く、過去と比較しての進化にも頻繁に言及しています。

それだけでなく「今の打撃は合格点」と語るなど、辛口で有名な張本さんから合格点という言葉が飛び出したのです。

 

渋々ではありますが張本さんは、大谷翔平の二刀流に対しては反対派から容認派に変わりつつあるようです。

張本勲も認めたバッティング

張本さんは非常に辛口な意見が多い方です。期待している選手にはとてつもなく高いハードルを要求するような意見も多いです。

しかし、大谷翔平の二刀流については容認する様にも変化しています。恐らく張本さんも戸惑っている部分もあると思います。

 

張本さんに限らず世界中の野球ファンにも同じことが言えるのですが、大谷翔平のような選手を計る定規が心の中にないのです。

大谷翔平のプレーを振り返ってみましょう。史上初や○○選手以来という記録が非常に多くないでしょうか?

 

二刀流こそ史上初ではありませんが、二刀流でプレーをしながら超一流の成績を残すと言うのもベーブルース依頼です。

しかし、そのベーブルースは100年以上前の選手です。今の投手でも分業制になっている時代に、ベーブルースが二刀流ができたかというとわかりません。

 

エンゼルスの大谷翔平の活躍を見ると、打者に専念するべきという意見が多くなってきています。しかし、大谷翔平は二刀流にこだわりエンゼルスを選びました。

もし、大谷翔平が投手だけをしていたら、エンゼルスに4年間在籍することはできなかったかもしれません。

 

肘の手術もあったので、投手としてはエンゼルスに移籍してから期待されていた結果を過去3年間残せていないからです。

しかし、この3年間の間DHとして打者として出場したからこそ2021年の活躍につながっています。それでも、ここまでの活躍は予想が出来なかったファンが多いことだと思います。

 

それは、多くの野球選手を見守りつつ自身もレジェンドと呼ばれる存在である張本勲さんもそうなのだと思います。

大谷翔平は、打者として今まさに全盛期を迎えている年齢かもしれません。

 

そして、手術開けて2021年からは、投手としても徐々に回復しています。現在は、まだ打撃中心の二刀流の状況ですが、今後は投手でも二桁勝てる二刀流の可能性があります。

その時には、張本さんも二刀流を容認ではなく賛成派に変わっているかもしれません。野球界の常識を覆すチャレンジをしている大谷翔平に注目です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です