大谷翔平の163キロの速球に海外の反応はどうなの?

大谷翔平は2016年に日本最速となる163キロを計測しました。メジャーでは160キロを投じる投手はたくさんいると言われていますが、山のように在籍しているわけではありません。

日本でもメジャーでも160キロは速いということには変わりはないのです。

 

以前からメジャー挑戦を表明していたため大谷翔平の名前はメジャー関係者だけでなく、メジャーのファンの間でも有名です。

大谷翔平が163キロを計測した時、海外の反応はどのようなものだったのでしょうか?

 

まず、本場のメジャーリーグがあるアメリカ国民の反応ですが、「彼はパワーを解き放った」や「とても優れた選手。メジャーでも活躍して欲しいね」

メジャーでもエースになれる器

「間違いなく本物の選手だ」といったような、大谷翔平に対して最大限の賛辞を送るような意見が多いです。さらには「メジャーでもエースになれる器だ」と評価する声もありました。

若干21歳の若者が160キロを計測し、相手チームを圧倒する姿はメジャーのファンから見ても驚異的だったようです。海外の反応で目立つのはやはり大谷翔平を大絶賛する声でした。

 

二刀流に挑戦していることもあり、163キロを計測した時も、「これでさらに野手としても高い能力を持っている」といったような意見も多く見られました。

称賛の声はファンの間に収まらず、メジャーの公式サイトでも大谷翔平の163キロ計測を報じられます。

 

さらには「大谷翔平はこの試合中に97マイル以上の球を31球も投じた」と最高球速だけでなく、かなりのスピードボールを連発したことを高く評価していました。

メジャーのファンからは非常に高い評価が得られていました。大谷翔平に対する海外の反応は日本の隣にある韓国でも様々なものが上がっていました。

 

「何か早送りのようですね」といった意見や「パク・チャンホの最高球速より速いですね」といった意見がありました。

韓国球界からメジャーに渡った選手でもトップクラスの実績を持つ英雄と比較し、速い球を投じたことに驚いていました。

 

他にも「彼は改造人間か?」や「日本はもう人間と見分けがつかないほどの完璧なサイボーグを開発したのか」と言ったような冗談交じりの意見もありました。

それだけ大谷翔平の存在が常識では計り知れないものであると認識されているのです。昨年末に開催されたプレミア12で韓国は大谷翔平と対決をしていました。

 

その時にも160キロを超えるストレートや150キロに迫る高速フォークを披露し、韓国のファンを驚かせていました。

日本と韓国はいつも野球の大会で対決する機会も多く、戦績も互角で切磋琢磨しあうライバルのような関係ですが、ライバルである大谷翔平に素直な賛辞を送っています。

大谷翔平に絶賛の嵐

大谷翔平が163キロを計測した時の海外の反応はどの国からも絶賛の嵐でした。

さらなる成長を期待する声もありますが、多くのファンはメジャーリーグでどれだけの活躍ができるのかに注目をする声も多く見られました。

 

すごいボール投じ、野手としても高い能力を有することを評価する声も多くありますが、その反面大谷翔平の怪我を心配する声もありました。

160キロを超えるボールを投げるのには身体に大きな負担もかかります。なのでコンディションを保つことが出来るかを心配されているようです。

 

今後、大谷翔平は遠くない未来にメジャーへの移籍を表明することだと思います。

入札額がいくらになるのか?という声は現在でもありますが、実際に大谷翔平がメジャーへの移籍を表明した時には海外の反応はどうなるでしょうか?

 

獲得を熱望するファンの声が多く上がることでしょう。さらにはどれだけの活躍をすることができるか?を議論するような声も上がると思います。

恐らくはメジャーへの移籍を表明した時には世界中を騒がせると思います。その時の海外の反応はどんなものになるのか今から注目が集まります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です