大谷翔平は少年時代どんな子どもだったの?

アスリートを紐解く時に幼少時代をどのように過ごしたのか?という部分は非常に重要です。

例えば、「超人」と呼ばれる身体能力を持つ糸井嘉男選手は少年時代にどこに行くのも自転車で移動する活発な少年だったそうです。

 

それが、現在の身体能力を培うのに大きなウェイトを占めているエピソードが隠れていますよね。

他にも、世界の安打製造機・イチロー選手は少年時代からバッティングセンターに通いつめたことは有名ですよね。

 

イチロー選手も将来なると決意していたプロ野球選手になるための努力を欠かさなかったそうです。

そんな中で今や日本のみならず世界中から注目を浴びる大谷翔平はどんな少年時代だったのでしょうか?

少年時代は泣き虫だった?

実は以外にも泣き虫な少年だったようです。少年時代の大谷翔平はハリーポッターの本がどうしても欲しくなり、両親にせがんで買ってもらったそうです。

大谷翔平はそのやっと買ってもらった本をとても大事にしたそうです。

 

誰にも触らせないように大事に保管していのだそうですが、その本にしわが入ってしまった時は両親が困るほどに泣き喚いたそうです。少年時代は、誰しもこういったエピソードがあります。

しかし、大谷翔平も例に漏れず少年時代は無邪気であったり泣き虫だった時期があったそうです。そして、少年時代から体を動かすのが大好きな少年だったようです。

 

大谷翔平が少年時代を過ごした時期と言えば今から15年ほど前でしょうか?誰しもが夢中になったゲーム機が家にあったそうなのですが、ほとんど興味を示さずに外で遊ぶ少年だったようです。

幼少期から現在まで変わらずスポーツで汗を流すのが一番という人間性は一貫していたようです。

 

そんな体を動かすのが大好きだった大谷翔平少年は社会人野球の選手として活躍した経歴の父親の影響で野球の道に進むことを決めました。

体を動かすことが大好きな少年時代を過ごしていたこともあり、大谷翔平の才能は即座に発揮されたそうです。小学校六年生になるころにはすでに球速が120km/hに到達していたそうです。

 

同世代でリトルリーグをプレーしている少年たちが100km/h前後の球速を推移している中ですでに驚異的な球速を計測していたのだそうです。

さらにはその当時にすでに二刀流の才能が開花をしていたようです。

 

少年時代の野球少年はどうしてもボールを飛ばすためにフルスイングしたり、力任せにスイングをしてしまうという場面が目立つものです。

しかし、大谷翔平はその時にすでに脱力を取り入れており、フルスイングしないことが特徴の野球少年だったようです。

 

もちろんフルスイングをしないことがすごかった訳ではなく、ホームランをすでに連発していたそうです。

リトルリーグの練習は河川敷などで行われることが多いのですが、大谷翔平の少年時代のようにホームランを連発すると高価なボールがいくつあっても足りないほどに川に吸い込まれていきます。

引っ張り禁止令

それを見て当時の大谷翔平を指導していた方が引っ張り禁止令を出したそうなのですが、しばらくすれば大谷翔平は逆方向にホームランを連発するようになったのだそうです。

今でも大谷翔平の吸収力の高さに野球関係者は舌を巻きますが、幼少期からすでにその吸収力の高さは存在していたのだそうです。

 

ちなみにこの後、あまりにも強烈な打球を放つのでピッチャー返し禁止令が発令されたこともあったようです。少年時代から大谷翔平は規格外の存在だったようです。

少年時代から今までも変わらずに大谷翔平が野球のみならず体を動かすことが好きだというのはすごいことだと思います。

 

2016年現在は、さらに加速して少年時代の遊び方と言えばスマホゲームで過ごす少年が多いです。

大谷翔平の少年時代でも今でも大ブームのポケモンなど、様々な当時の少年らしい遊びもあったかもしれません。

 

それでも体を動かすことが楽しくてたまらないという少年時代が現在の大谷翔平を作ったのかもしれません。少年時代に今の大谷翔平の基礎ができたのかもしれません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です