栗山監督は大谷翔平のことをどのように評価してるの?

高校生の頃に大谷翔平はメジャーリーグの挑戦を表明していました。しかし、秋のドラフトで現在大谷翔平が所属する北海道日本ハムファイターズは一位指名を強行しました。

一位指名の評価を喜びながらもメジャーリーグへの挑戦を志す気持ちは変わらず、入団する可能性は非常に低いと思われていました。

 

しかし、球団側の誠意ある対応、現在の日本ハムの指揮を執る栗山監督の説得もあり、大谷翔平はメジャーリーグへの想いを一時封印しNPBを戦いの舞台に選びました。

現在の大谷翔平が二刀流でプレーをすることになるきっかけとなったのも栗山監督だと言えます。栗山監督の必死の説得もあり大谷翔平は日本ハムに入団し、ファンを驚かせる活躍をしています。

大谷翔平に厳しく接する栗山監督

しかし、栗山監督から大谷翔平に対しての発言は非常に厳しいものが多いです。栗山監督は大谷翔平をどのように評価しているのかも気になるところです。

栗山監督は大谷翔平が本塁打を放った日も厳しい意見を口にすることが多いです。好投した時にも、及第点の評価を口にすることはありますが手放しでの絶賛は非常に少ないです。

 

ドラフト時には入団を熱望した大谷翔平に対しての栗山監督の評価は「もっとできる」と評価しているように感じます。

例えば、大谷翔平がバッターボックスで自打球を当ててしまう場面がありました。

 

打者として出場する以上、自打球を受けてしまうと言うことは珍しくはありません。しかし、そんな光景に栗山監督は激怒しました。

幸い大事には至りませんでしたが、常に大谷翔平には大きめのレガースを付けるように口を酸っぱくして言っていたそうですが、通常のレガースを装着したまま出場し自打球を受けたのです。

 

栗山監督は大谷翔平に対して主力選手としての自覚を持つようにという意図も含めて大激怒したそうです。

自分自身が怪我をするとチームにどれだけ影響が出るのか?と言うことを強調していたように感じます。

 

この自打球を受けた試合で大谷翔平は好投を見せるだけでなく好走塁でもチームの勝利に大きく貢献しましたが、その活躍よりも大谷翔平の野球人としての自覚の部分に言及をして見せたのです。

栗山監督が大谷翔平を褒めた出来事

もちろん大谷翔平の現時点での実力を高く評価していることは間違いありません。球界の至宝が指揮を執るチームに在籍していることも非常に重く受け止めています。

なので、偉業を成し遂げた時には手放しで大絶賛することもあります。先日大谷翔平がリアル二刀流で出場し、先頭打者ホームランを放ち勝利した試合がありました。

 

誰もがここまでの活躍は想像していなかったことだと思いますが、これに対して栗山監督は「今日だけは褒める」と大絶賛していました。

完全敵地のアウェーでの試合でしたが球場の空気を一変させました。それが、野球選手としてファンにロマンを感じさせた活躍と高く評価していました。

 

さらには「すげえな」と思ったと発言するなど、まさに手放しでの大絶賛でした。

栗山監督が大谷翔平を高く評価していることが伝わってきますが、厳しい発言が多いのは栗山監督から見ると大谷翔平はさらに高いパフォーマンスを発揮できると思っているからなのです。

 

前述のリアル二刀流で先頭打者ホームランを放ち、投げては相手打線を完璧に封じ込める活躍はまさに栗山監督が大谷翔平に期待する姿だったのだと思います。

栗山監督は選手を名指しで批判することなく「俺が悪い」と選手を庇う監督です。選手のことを常に心配し、自分自身が矢面に立つ姿が目立ちます。

 

なので、例外なく大谷翔平のことも本音では心配で仕方なく、かわいくて仕方がないのです。

発言も厳しめになってしまうことが多いですが、大谷翔平を見ている中で栗山監督が大きな期待を寄せているために褒めるだけではなく「まだまだできる」という想いを強調しているのです。

 

栗山監督は大谷翔平を誰よりも高く評価していると思います。それが故に厳しくも暖かく見守るために常に一歩上の活躍を求めているのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です