大谷翔平の凄さ/3つの秘密

今回は、大谷翔平選手のどこが凄いのか。大谷翔平の活躍の裏にある凄さの秘密を3つお伝えしていきます。

投手としては160キロ以上の豪速球、打者としては豪快な本塁打とメジャーリーグでも規格外のプレーを見せている大谷翔平。

 

そんな大谷翔平の名が一躍有名になったのは高校時代です。岩手県の強豪、花巻東高校でプレーしており3年生の時の夏の地方予選で高校生としては最速の急速160キロを叩き出しました。

花巻東は地方予選で敗退してしまい、大谷が最後の夏に甲子園でプレーすることはありませんでした。この年の高校野球界の主役は春夏連覇を達成した藤浪晋太郎率いる大阪桐蔭と大谷でした。

 

その後大谷翔平は、ドラフトで日本ハムの単独指名により日本プロ野球を経てメジャーリーグへと活躍の場を移すことになります。

ドラフト前には、日本球界ではプレーせず直接メジャーリーグ挑戦するという記者会見を開きました。

 

しかし、日本ハムが大谷翔平を単独指名し球団と栗山監督との入団交渉を経て日本ハムでプレーすることが決まりました。

その後、日本のプロ野球の活躍を経て現在は、メジャーリーグのエンゼルスで活躍しています。

日本人離れのバネ

そんな大谷翔平の凄さの秘密1つ目は、心技体の体の部分。まず体格です。大谷翔平選手は身長190cmを超える恵まれた身体を持っています。

NPBでは、高身長の投手は大成しにくいというジンクスがありました。しかし、大谷翔平選手はそんなジンクスを跳ね除けて大活躍をしました。

 

もちろん高身長で大成した選手は多数いました。しかし、大谷翔平選手は今までNPBの舞台で活躍した高身長の選手に比べ、ある部分が非常に優れています。

それは関節の柔らかさを生かした、しなやかな動きです。ピッチングでの躍動感。しなやかな腕の振り。バッティングでの、レフトへの打球。

 

走塁で走る姿にも全く窮屈な部分がなく、190cmを超える恵まれた身体を余すところなく活かしています。

プレーする姿から大谷翔平選手の身体には凄まじいバネの強さが備わっていることがわかります。

 

自身の身体をイメージ通りに動かすことができるのが大谷翔平選手の凄さの一つです。身体をうまく使うことが並外れているので打撃においても内角のボールを綺麗に前で捌くことができています。

また、大谷翔平選手には肉体改造して作ったパワーがあります。バネとパワーが備わっているため大谷翔平選手がメジャーでも活躍できているのです。

向上心と計画力

大谷翔平の凄さの秘密の2つ目は、向上心・計画力などが挙げられると思います。これは、心技体の心の部分です。

大谷翔平は、日本時代から現在のメジャーリーグでも二刀流として活躍をしていますが何がすごいかというと両立している点です。

 

投手として相手打者の特徴、対戦成績、試合の入り方などキャッチャーとどういう組み立てで試合に臨むかを考えるのが先発ピッチャーの仕事です。

登板日以外の日も次の登板に備えてコンディションを調整するのが基本的な先発ピッチャーの役割ですし、日々練習で新しい変化球の習得や制球力の向上のため練習しています。

 

大谷は、他のピッチャーが調整、練習している間は野手として試合に出場しています。それで、ピッチャーとしても結果を出しているのは相当な努力があってのことでしょう。

逆に自分が打席に入るときには、相手バッテリーの配球、ピッチャーの特徴も頭に入れておかなければいけないのです。

 

普通の選手が相手選手の研究、自分自身の能力向上、コンディション調整に使う時間に倍以上にやること、考えることがある中で、二刀流を成功させてしまっているのが現状です。

二刀流の凄さの秘密は『計画力』と『向上心』にあると思います。大谷翔平は、高校時代に『目標達成シート』を作成しています。その中には、以下の9つの目標が掲げられていました。

9つの目標

●ドラ1で8球団に指名される
●体づくり
●コントロール
●制球力
●キレ
●メンタル
●人間性
●運
●変化球を磨く
●球速160キロ

高校時代に、これらを達成するために日々練習に取り組んでいました。プロに行くのは当然で、そのために今何をしておくべきか。

そのために必要なことは何かを高校時代から考え、計画的に野球に取り組んできたことが大谷の凄さの秘密と言えるのではないかと思います。

修正能力

3つ目の凄さの秘密にあげられるのが「修正能力」ではないでしょうか。こちらについては、心技体の技術というところになると思います。

メジャーに来てからの打撃フォームの変更など、異国の地で環境の変化に適応すると同時にさらに高みを目指す姿勢が彼の凄さの秘密と言えるのではないでしょうか。

 

以前の打撃フォームは足を上げてタイミングをとる一般的なものでしたが、メジャーに来てからはタイミングのとり方を見失い、本来の大谷翔平らしいバッティングができない状態が続いていました。

そこで足を上げずにタイミングをとる『ノーステップ打法』を習得し現在の活躍に至りました。

 

プロ選手のフォーム改造は、下手をすれば本来の自分の型を見失う可能性もありマイナスに作用することもあります。

しかし、大谷翔平は適応力・修正能力を見せ弱点を克服し現在の大活躍に至るようになりました。

 

日本で実績、名声を手に入れた大谷翔平ですが、一部で批判的な声も多かった二刀流としての成功を収めるため、常にいろんな部分に課題をもって練習に取り組んでいます。

少しずつ改善を続け、より高みを目指そうとする姿勢こそが彼の凄さの秘密であり、メジャーリーグでの大活躍に繋がっているのではないでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です